業務(プラクティス)

 


インベンション・アナリティクス(発明発掘)のご案内





 

古谷国際特許事務所



Invention Analytics インベンション・アナリティクス(発明発掘)のねらい


 新製品・システムが完成し、特許を取得したい。特許をとれそうな発明があるのかどうか、はっきりしない。可能性が低くとも、何らかの特許出願をしておきたい。どの内容で特許を取れば効果的であるのかわからない。
 こんな時、開発者と面談して、特許出願できそうな発明を抽出するのがインベンション・アナリティクスです。御社のビジネスモデルに合致した特許出願の概要方針をまとめます。



実施の手順



*Ivention Analyticsでは、発明の発掘・出願の提案までを行います。すでにおつきあいのある特許事務所があるなどの事情がある場合、特許出願は他の特許事務所からしていただくことも可能です。


実施企業


 大手企業からベンチャー企業まで多くのクライアント様がInvention Analyticsを利用し、発明を発掘してビジネスにかなった特許出願をされています。


費用


Invention Analytics (1テーマ) 10万円*
*標準的な費用です(特許出願の費用が別途必要です)。テーマ内容により変動します。なお、当所より特許出願をされる場合、5万円とさせていただきます。



お問い合わせ


下記メール・電話にて
弁理士 古谷栄男(ふるたにひでお)まで
furutani@furuatni.jp
TEL 06-6368-2160




NOTES


古谷国際特許事務所は、Joint Thinkingをテーマに、クライアントとともに考え、そして問題解決を知財の観点からサポートしています。>
この資料は、下記の著作権表示をしていただければ、複製して配布していただいて結構です(商業的用途を除く)。 (C)2018 FURUTANI PATENT OFFICE /fp@furutani.jp



To the Top Page